新時代の転職方法!LinkedInの使い方を学んで転職しよう!

LinkedInとは


LinkedInというサービスをご存知でしょうか。
簡単にいうと仕事版Facebookで、自身の職歴、スキル、資格などを登録します。一般ユーザーの他に企業アカウントやリクルーターが登録しています。

ユーザーは自身の昇進やビジネスニュースについて、リクルーターは転職の案内などをフィードに投稿しています。

これからの時代には欠かさないプラットフォーム

定年まで一つの企業で働くというマインドセットがなくなってきた昨今、LinkedInのようなプラットフォームで自身の価値を提示し、ヘッドハントを待つことは非常に大切です。

僕も最初は大手IT企業に勤めていましたが、現在の会社の人事からLinkedIn経由で声がかかり、一年余りで転職しました。

もちろん僕は転職が早い方ですが、その後の数年間で同期は半分ほど転職しています。それほど近年のマーケットのスピード感は早く、市場が求めているスキルを理解し、自分を売り出すためにはLinkedInのようなソーシャルメディアを使いこなすことが重要なのです。

LinkedInの日本における実状

LinkedInの投稿は日本語よりも英語が多く、外資系企業に勤めていたり、日系企業の意識高い層が主なユーザーです。したがって転職の案内も圧倒的に外資系企業が多いです。

グローバルでは知名度抜群のサービスですが、日系企業はまだまだ上手く活用できていません。今年からLinkedIn日本法人の社長が元ヤフー執行役員でCMO(チーフモバイルオフィサー)の村上臣氏に変わったので、日本でも盛り上がるかもしれません。

実際どのぐらい転職話がくるの?

僕の場合、週に1〜2件は必ずリクルーターや企業の人事からメッセージが届きます。

”転職考えてる?とりあえず話そうよ”、と言ったメッセージや外資系企業のオープンポジションについての案内が頻繁に来ます。正直全く返信していませんが、転職したくなったり興味があるオファーがあれば話せばいいので、コネクションだけ作っておけばいいと思います。

リクルーターからメッセージをもらうには

プロフィールを充実させましょう。
自己紹介、経歴、スキル、表彰経験などを事細かに書くことによって、リクルーターから声がかかる確率がグッとアップします。ソーシャルメディアという特性上、自分を売り出しましょう。

まとめ

正直転職は生きているうちに数回しかしないかもしれません。ただ、妥協をするものではありませんし、もし自分にとって魅力的な話があれば、その機会を逸したくないですよね。

転職を考えていない時期だからこそ、LinkedInを活用してみましょう。

どんべい

タイトルとURLをコピーしました