敷金・礼金・仲介手数料ゼロで東京に住める、「OYO」で引っ越し!

インド発のホテルベンチャー「OYO(オヨ)」が敷金・礼金・仲介手数料が一切かからない上に即入居可能という、非常にインパクトがある賃貸サービス「OYO LIFE」を開始することを発表しました。インドをはじめとして様々な国でサービスを展開していたため日本に来るのは時間の問題だと思っていましたが、まずは東京23区限定でスモールスタートするとのことです。

OYOとは

インド発のホテルベンチャー「OYO」は、インド国内350都市で10万以上の客室を展開。世界最大ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルの客室数を今にも超えそうなほど最大級のホテルチェーンとして急成長しており、ユニコーン企業の仲間入りを果たしています。孫正義率いるソフトバンクビジョンファンドもこれまで100億円以上を投資しており、まだまだこれから成長が期待されるホテル業界のUberと言えるでしょう。

ちなみに日本ではホテルを展開するのではなく、なんと不動産業界(賃貸)へ参入するそうです!日本のマーケットの特殊性もあり、他の都市とは異なるアプローチで拡大を目指していくと思われます。

スマホだけで賃貸契約ができるOYO LIFE

「ホテルのように部屋を選ぶだけ」というコンセプトを掲げた、入居から退去までスマホひとつでできる、これまでになかった新しい賃貸サービスです。通常の賃貸契約は必要な手続きが多く、気軽にできるものではないですよね。そんな既成概念をもぶっ壊す、従来の賃貸サービスとは全く異なる、不動産業界にも人の生活の仕方自体にも革命を起こすレベルのサービスだと思います。

OYO LIFEで賃貸契約するメリット

極力ユーザーの手間を削ぎ落とした利便性を追求したサービスになっており、正直メリットがやばいです。

  1. 敷金・礼金・仲介手数料ゼロ
  2. 部屋に家電・家具・Wi-fiが付いている
  3. スマホ一つでで契約〜退去が可能
  4. 3日間の「住み試し」で契約を判断

敷金・礼金・仲介手数料ゼロ

まずこれが一番すごい初期費用が一切かかりません。通常引っ越しをする際にネックになるのが敷金・礼金・仲介手数料なのですが(不動産によっては家賃の2ヶ月分を要求してくるとこもある)、全てゼロなのであれば引っ越しにかかる初期費用をかなり抑えることができます。特にまだ貯金があまりないであろう20代にとっては神のようなサービスですね。

部屋に家電・家具・Wi-fiが付いている

各部屋ごとに家具・家電とWi-Fiが完備されているため、またまた初期費用及びに生活空間を取り繕う手間を減らすことができます。そしてなんと水道・光熱・ガスといった公共サービスも最初から含まれており、一切の手続きが不要です。至れり尽くせりの物件ですね。

スマホ一つでで契約〜退去が可能

入居も退去も、OYOサイトから申し込むだけの超絶カンタンな手続きです。引っ越しのときには膨大な数の書類とにらめっこしながら、訳も分からずサインをしまくりますよね。それが全て無くなって、スマホ上で契約も解約もできるなんて業界の掟破りです。

3日間の「住み試し」で契約を判断

3日間の「住み試し」とは、実際に3日間その物件に住んでみてから契約するかどうかを決めることができるサービスです。実際住んでみないと住み心地は分かりませんし、感覚的にちょっと違うなと思うこともあると思うので、そのような人と物件のミスマッチを防げるのはいい取り組みだと思います。普通の賃貸サービスだとそんなことはできないので、OYO LIFEならではの特徴ですね。

賃貸契約の方法

OYO LIFEはスマホ上で全ての手続きが完了する近未来の賃貸サービスです。賃貸契約がスマホ一つでできるなんて誰が想像したでしょうか。この時点でもう革命的なサービスですよね。

簡単3ステップ!

  1. 住みたい部屋を探す
  2. ネットで契約、無料でお試しも
  3. 手ぶらで1ヶ月単位から新生活

選べる部屋タイプ

マンションタイプ、戸建タイプ、シェアハウスタイプから希望の部屋タイプを選択できます。例えば一人暮らしでマンションタイプだと少し高いかなと思ってしまいますが、初期費用ゼロ、家具や家電などが付いてくることを忘れてはいけません。全部込み込みだとかなりお得感がある値段設定ではないでしょうか。

OYO LIFEのスタート日

明確な日時はまだ公表されていませんが、3月上旬を予定しているとのことです。後述しますが、サイト上で事前登録をしておけば担当者より物件情報が送られてくるそうですよ。

OYO LIFEのサービスエリア

リリース段階では東京23区限定になります。まずは東京都内でパイロット的にスタートをして、需要と供給を見定めながら様々な都市に拡大していくと思われます。Uber Eats や WeWork のようにまずは東京都内で成功させてから他の都市に展開していくのは、地域に根づく必要があるオフライン型サービスの定番の攻め方になりつつありますね。

OYO LIFE 掲載物件(東京23区)

こんな人にオススメ

最近はミニマリズム的な生活をする若者が増えてきたり、シェアハウスを転々とするなど一人で同じ場所でずっと暮らすことがストレスに感じる人が増えてきている印象です。そのような先進的な考え方をもった感度の高い20代〜30代の若者の間に流行りそうですね。

あとはホテル生活をしている堀江貴文さんのような高所得者層でしょうか。どちらにしろこのような最新サービスのアーリーアダプターは高所得者が多いので、東京都内でサービスをスタートするのは理にかなっていると思います。

事前登録してみよう

OYO LIFEのスタート日は3月上旬ですが、こちらの事前登録フォームより申し込むことで、後日担当者から物件情報が送られてきます。直近で引っ越しの予定はないものの、早速僕も事前登録してみました。もしかしたら魅力的な物件に出会うかもしれませんし、敷金・礼金・仲介手数料ゼロで家電・家具付きであれば引っ越ししてしまうかもしれません・・・!

なんとも楽しみなサービスです。是非皆さんも興味があれば、とりあえず事前登録してみてはいかがでしょうか。

どんべい

タイトルとURLをコピーしました