【物件購入】無料のFP相談てどうなの?気をつけるべき点

無料のFP(ファイナンシャルプランナー)相談に行ってみた

不動産屋、注文住宅の人はハウスメーカーなどで無料のFP(ファイナンシャルプランナー)相談が受けられる所がありますよね。

我が家もお世話になった不動産屋さんにそのサービスがあったので予約をしてお願いしました!結果的には良かったのですが、『無料』であるが故に気をつけなければいけない事もあるなと思ったので備忘録でブログに残します。FP無料相談を検討されている方は参考にしてみてください^^

なんで【無料】で相談できるの?落とし穴に注意!

そう!安いものには全て理由がある。笑 その理由を知ってからFP相談には臨みましょう。普通にFPさん面談を予約すると普通は数万円かかります。それを無料で、しかも必要であれば何回もやるだけのメリットが、ビジネスとしてある訳です。

不動産屋・ハウスメーカーのメリット

例えば6000万円ローンを組めるスペックの人が、いや!3000万円しか借金したくないです!って言われてしまうと不動産屋やハウスメーカーは困ってしまう…というか、もったいないわけです

でもそれを営業から「いやいやこのくらいローン組めますよ」と言ってしまうと、「高いの買わせたいんでしょ!」と思われる。なのでFPさんに入ってもらって、ライフプランや生涯どういう風にお金が必要になるのかまでシミュレーションしたら、買主さんも6000万円払えることに納得!という流れがあるわけです。

FPさんのメリット

FPさんは保険の仲介手数料でビジネスの一部が成り立っています。家を買うと団信にも入ることになるので、保険の見直しが必須なんですね。そこでFPさんが保険の見直しをしつつ必要であれば古い保険は解約して入り直したりする→新しく仲介した分は手数料が入るというわけです。

無料FP相談をするなら気を付けたいこと

「○○○○万円の家までなら買えますよ!」それって借りれる額?返せる額?

きちんとしたFPさんだったらライフプランシュミレーションと一緒に説明してくれるので大丈夫だと思いますが、世の中には変な人もいるのでね…

不動産屋さんもハウスメーカーも、借りれる額は教えてくれても、実際に返済に困ったらお金をくれる人じゃないので、それはわかっておきましょう。

一般的に返済が苦しくないのは手取りの20%の金額と言われています。(個人差はあると思いますが!)そういうのもあまり教えてくれないので、一般的な事前知識はFPさんからではなく第三者から学んでFP相談に挑みましょう。

生命保険て、そもそも必要ですか?

無条件に生命保険は入らなきゃ!って思っている方ものすごく多いですが、生命保険が本当に自分に必要かどうかは一回立ち返って考えた方が良い、と個人的には思っています。でもFPさんは保険に入らない方がいいですよ!ということは立場的にまず言わないので笑、生命保険に入る/入らないという大前提の選択肢は面談の中で提示してもらえません。だから”入らない選択”をしたい場合はあらかじめ自分でスタンスを決めておく必要あり。

掛け捨てでいいから月数千円で”安心”を買っておきたい人は、それでももちろんいいし◎
緊急時に出費を賄えるだけの貯蓄があれば生命保険はいらないという考え方もあります。
価値観の問題!どちらが正しいとかでは無いと思います。ちなみに私たち夫婦は後者なので損害保険(車とか火災とか)以外の保険は入らずに、その分のお金を積み立てて自分でインデックス投資で運用しています。他につみたてNISAもiDECOもやってるよ〜

『生命保険は99%外れる宝くじ』というのは分かりやすい例えですが、結局保険金を受け取らない人が大半数を占めていないとそもそもビジネスとして成り立たないんですよね。
貯蓄型で利回りがソコソコ、銀行に預けておくよりはましかな?みたいな商品もありますが、高額療養費制度も日本はあるし結局自分でそのお金運用した方が利回り数倍だし+インフレにも対応できるからそっちの方が良いなあ、というのが私たち夫婦の考え方。団信も結局入ったしね。
あ、何回も言うけど個人の価値観です!どっちが悪いということでは無い。

話が逸れたので戻すと…FPさんによって提案される選択肢がこの世の全てでは無いので、向こうにもメリットがあるから保険の仲介をしてくれているという点は忘れないようにお付き合いするのがおすすめです。

無料FP相談、こんなメリットが!

だいぶ辛い事書いちゃいましたが、もちろんうまくお付き合いすればメリットもあります!

節税の相談ができる

我々は家を買おう!と思ったきっかけが節税だったくらい、とにかく税金をどうにかしたいという気持ちが強い。共働きの納税額はエグい。笑

住宅ローン控除のシュミレーションはもちろんですが、住宅ローン控除が終わった後はどう節税すればいいかなどなどのアドバイスをもらえてそれは非常に参考になりました!

XX年に家計が苦しくなりそう…それに備えた貯蓄や資産運用ができる。

おそらくどのFPさんも面談でシュミレーションしてくれると思うのですが、我々は今の支出・今後の給与変化・子供の予定・育休産休、そこに住宅ローンの支払いを考慮してグラフで見せてもらいました。

そうすると貯金ができる時期、出来ない赤字の時期が一目瞭然!「20年後に色々が重なる瞬間があってその時期が厳しくなるので、金融商品を検討するなら20年後に満期になるものを見るといいですよ〜」などを教えてもらえたのはとてもありがたかったです。(ちょうどつみたてNISA今年から始めたからぴったりだった!) 人によってはこれが10年後だったり、変わるんだと思います。

また定年退職時点でいくら貯まっているかも試算してもらえたのでちょっと安心もしました。

火災保険はFPさん経由で入る方がオススメ

火災保険て銀行からも資料くるし、どこ経由でどれに入ったらいいのかわからないですよね。我々のFPさんは火災保険の申請の補助もしている方だったので、保険がおりやすい保険会社や、水害をつけるかつけないか(これで金額がかなり変わる)、火災保険と地震保険の違いは何なのか説明していただけて謎に包まれていた火災保険がだいぶクリアに。

また火災保険、こんなにかかると思わなかったー!という声を結構聞いたので、今のところの建物スペックをお伝えして、ぶっちゃけいくらくらいかかると思います?と概算してもらいました。やっぱり高かったから笑、このタイミングで聞けて安心!

そして何より、「あ!これFPさんに火災保険仲介してもらった方が良さそう。」と思ったのが、火災保険の申請の補助しますよ〜と言っていただけた事。銀行とかだと入ったらもうバイバーイって感じらしい。例えば家電の損傷も、経年劣化ではなくて事故だとはっきりわかる書き方が素人だと難しくて保険が降りにくいのだとか…そこまでサポートしてもらえるなら安心!という事で、火災保険に入る際にはFPさんに頼ろうと思っています。まだ先の話ですが!

FP無料相談まとめ

というわけで、もちろん税金控除や保険の知識などはあるので学びもたくさんありつつ、自分で調べて考えるべきところはサボらない方がいいよ!というお話しでした。

不動産屋やハウスメーカーの営業さんみたいに、FPさんも人なので正直当たり外れはあると思います。私たちはそこまでゴリゴリ変な価値観押し付けてくる人じゃなかったので、これはもう運。ラッキーでしたね。

無料ということでひょっとしたら遠慮してしまう人もいるかも。向こうにもメリットがあって無料でやっているので、そこは小さくならなくて大丈夫ですよ!!

家を買うタイミングは暮らしとお金を見直すタイミングでもあるので、そういうきっかけの一つにされるのはおすすめだと思います。

皆様も良い家造りを!

タイトルとURLをコピーしました