【オススメ工務店リストあり】デザイン住宅をたてるなら?【ハウスメーカー・工務店・設計事務所】

どうせ建てるなら憧れのデザイン住宅!

「安西先生…デザイン住宅が建てたいです…」

と言ったとか言わないとか。(言わない)

我々夫婦は元々、
「中古マンション買ってフルリノベありだな〜♡」
もしくは
「たまーーーーに出てくるデザイン住宅”風”建売物件を買いたいな〜♡」
と思っていた経緯があります。
別にコンクリ打ちっぱなし都会ウェイ!みたいなことをやりたいわけじゃないし、今の賃貸ももう生活感の塊みたいな感じなんですが、“購入”となるとちょっとかっこいいものを買いたくなってしまう。なんでなの!この心理は一体なんなのか教えて池上先生!

私も夫のどんべい君も、意匠に関わる仕事をしていたりもするので、ここに対するこだわりがめちゃくちゃ強い。で、結論としてはリノベ中古マンションとデザイン”風”住宅に見切りをつけて(別記事で赤裸々に書く予定)、これは注文住宅の方が我々にはあっているかも…と思いはじめました。

そこでまず最初に悩んだのが、そもそも自力で、かつ人並み(なんならちょい低い)の予算でデザイン住宅って作れるん…?という事。そう、こだわりが強いけど、我々にはそこまであぐらをかいていられるような予算はないのだ!いやな客〜!!!

でもぶっちゃけみんなそうだよね?(うなずくアリーナ)

同じ悩みを持っている方、もしくはもう一歩進んで我々と同じように都内でデザイン住宅を検討していてハウスメーカーや工務店を探されている方。ぜひ参考にしていただければと思います。

大手ハウスメーカー、地域工務店、設計事務所 デザイン住宅を建てるならどこがいいの?

家を建てようと思うと、大きく3つの候補が上がってくると思います。

  • 大手ハウスメーカー
  • 地域工務店
  • 設計事務所

この比較は他のブログさんでも沢山載っている通り、予算とか施工の期間とかブランド・信頼・性能などなどで比べていただければ良いかと。ここではデザイン住宅するならということに焦点を当てて、かつ私の超個人的な主観でお届けいたします!大手ハウスメーカーさん、怒らんといて!(ネタバレ)

誰が建てたかわかる家はデザイン住宅じゃない

はい、もう超個人的な意見ですけど。

デザイン住宅を検討されている方って、「少なからず人とは違うデザインの家に住みたい」という気持ちが根本にはあるのではないでしょうか?

大手ハウスメーカーさんは保証の手厚さ、ブランド力、安心感など優れている点はありますが(そして高い)、プロの方が街中で家を見た時にどこのハウスメーカーが建てた家か大体わかるそうです。
ハウスメーカーさんだとゼロから間取りを起こすより、ある中からパーツを選んでいくような進め方になるらしい。(それって本当に注文住宅なん…?と思いますが)ゆえに大体みんな似たような出立になるので、「あ、ここ住○林業だな。」とかわかっちゃうそうです。

私たちの目標:「あの通りで一番かっこいい家」

私たちが注文住宅をやろうと決めた時、夫婦で決めたことがあります。それは、

「あの通りで一番かっこいい家作ったろ」

という事。(こんな気性が荒くて、お里が知れちゃう…)

なので、いつか街中を歩いている時に、「あ、この家うちとそっくり〜!」みたいなのが現れてきたら困るわけです。まじ無理。ていうか、だったら安い建売買ってる。

外観にお金をかけるのが良いのかどうかという議論は一旦置いておいて、やっぱり圧倒的オンリーワンが建てたい。なので私たちは大手ハウスメーカーは候補から外しました。

(かっこよく言ってるけど、ぶっちゃけ費用面は大きかったよ☆)

工務店 VS 設計事務所

と、いうわけで残すは工務店か設計事務所か。私たちはどっちも検討しました!

工務店で建てるデザイナー住宅のメリット・デメリット

工務店と聞くと、街に根付いた大工のおっちゃん達が汗水たらして頑張ってるぜみたいな感じに聞こえるかも知れませんが、デザインが強い工務店というのは探せば存在します!

工務店で建てるデザイナー住宅のメリット

  • 設計士が社内にいるので設計料が余計にかからない(外注のところもあります)。
  • 営業・設計・施工がワンストップで連携してくれるので、途中であれがダメでしたこれがダメでした、これ忘れてましたのリスクが少なかったり、万が一そうなった場合も責任の所在がはっきりしている。これは設計が仮に外注でも、設計事務所よりそのリスクは少ない。
  • コスト感が初期段階である程度わかる。
  • 標準設備が最初からわかるので、期待値コントロールができる。

工務店で建てるデザイナー住宅のデメリット

  • 設計士さんが指定できない(場合が多い)。
  • 第三者視点で現場で監査してくれる人がいない。

設計士さんを選べないのは、そこの工務店の実績集が素敵でも、実際にそれを建てた人とは限らないということ。基本的に同じ会社なので、感覚的なものは近しいはずですが、そう信じるしか無い(内心ハラハラ)というのが私の個人的な感覚です。

第三者視点というのは、例えば建設中に「あれ、ここおかしいですよ?」って指摘してくれる人が、同じ会社の人なのか、そうで無いのかという事です。これも個人の感覚ですが、同じ会社の人同士だと、何かちょっとしたミスを見つけても致命的でない限りナアナアにしてしまったりしないのかしら…という不安。(性悪)

設計事務所で建てるデザイナー住宅のメリット・デメリット

設計事務所で建てるデザイナー住宅のメリット

  • その設計士の先生のセンス・感覚が自分と合うかどうか確認してから発注できる。
  • 現場に実際に赴いて第三者目線でチェックしてくれる。
  • 標準設備に囚われないで自由に提案してくれる。

設計事務所で建てるデザイナー住宅のデメリット

  • コスト感が間取りが実際に工務店見積もりをとる段階までわからない(予算はもちろん伝えます)
  • 夢見がちで、実際に見積もりとった時に落胆しがち。笑
  • 工務店が決まるまで、とんでもないところしか請け負ってくれなかったらどうしようという不安がある。
  • 設計コストが上乗せでかかる。
  • Webサイトが充実していない事務所がほとんどなので、そもそも紹介以外に見つけ方があまりない。

上乗せの設計コストはもったいないな〜と感じてしまいがちですが、家って結局誰かが設計しないと建たないんですよね、冷静に考えたら。なので見積もりの中に設計コストが含まれているか、そうでないか。そして当たり前だけど一社で完結するより、外の会社がやった方がトータルコストは高いよね、と言うことですね。

デザイン住宅をたてるなら?ハウスメーカー・工務店・設計事務所 まとめ

いかがでしたでしょうか?別ブログでは都内でデザイナー住宅を建てる場合のオススメ工務店リストを公開しています!この記事で解説した工務店以外の選択肢についてもリストで言及しているので、ご興味がある方は是非こちらも併せてご覧ください。

▷▷▷東京でデザイナーズ住宅を建てたい方必見!オススメ工務店リスト

皆さんの家づくりが楽しくてハッピーなものになりますように♪

タイトルとURLをコピーしました