同棲にかかる初期費用を徹底解剖【安く同棲をはじめるには】

付き合い始めて日がある程度経った頃、結婚はまだ早いけど同棲しようか悩んでいませんか?でも若いうちは貯金もあまりないので、金銭的に足踏みしてしまいますよね。引っ越すというのは大きな決断で、金銭的・時間的コストがかなり発生します。

先輩同棲カップルとして僕とちーこが、出来るだけ安く・効率よく同棲を始める方法を教えます。同棲には色々な支出が発生するので、塵も積もれば山となる。一つのコストを見直して節約することで、全体的に安く抑えることが可能になります!

ちなみに結婚前に同棲することをオススメしています。結婚前提に付き合っているのであれば、すぐにでも同棲しちゃっていいと思います。気になる理由はこちらの記事よりご覧ください。

参考記事:【同棲】結婚前の同棲はNGなんて考え方が古すぎる。早めに同棲するべき理由

同棲にかかる主な初期費用

賃貸

当たり前ですが、新しく家を借りることが初期費用の中でも大きな割合を占めますよね。しかも賃貸の初期費用は賃料だけでなく、敷金・礼金などの様々な費用も請求されてしまいます。契約する物件によっては、倶楽部会費や保証委託料なども発生する場合があるので要注意です。

賃料が10万円の物件の場合、敷金・礼金・仲介手数料が全て賃料1ヵ月分だとしても、賃料と合わせて40万円。そこに他の費用を加えると50万円ほどの金額になってしまいます。したがって、いかに良い物件を安く見つけるかが重要です。

賃貸の主な初期費用

  • 敷金
  • 礼金
  • 賃料
  • 共益費
  • 倶楽部会費
  • 保証委託料
  • 仲介手数料
  • 住宅総合保険

引っ越し

新居に荷物を届けるためには引っ越し業者を雇う必要があります。一人暮らしの家からの引っ越しであれば5万円程度で可能ではありますが、それでも極力安く抑えたいですよね。最安値で引っ越しをする方法を後ほど教えます。

家具を揃える

同棲カップルの懐事情に優しいのは、「ニトリ」と「IKEA」ではないでしょうか。特にIKEAは他社よりも圧倒的に安い値段で、オシャレな北欧デザインの家具を購入することができます。しかもなんて言ったって質がいい!見た目・質・値段の基準では業界No.1ではないでしょうか。店舗が少し辺鄙な場所にあるのがネックですが、手に入るモノの良さを考えると仕方がありません。

家電を揃える

基本的にはお互い一人暮らしの時に使っていた家電を新居に持ってきて使うのが、コストもかからないので理想です。家具もそうですが、前の家で使っていたものはなるべく流用しましょう。家電を全て揃えるとなるとかなりのコストになってしまうので要注意です。

同棲をするにあたって広めの部屋に住めるようになったのであれば、ルンバのみ購入するのはアリですね。掃除をどっちがやるかは喧嘩の元にもなるので、機械に掃除を任せてしまいましょう。広い部屋になるほど毎日の掃除が億劫になるので、うちでもルンバは日々大活躍しています。

同棲の初期費用を抑える方法

安く物件を探すには

アプリで賃貸を探せる「ietty」

仕事で忙しくて中々不動産屋に行く時間がないという人は、スマホで物件をチェックし、担当者ですぐにチャットでいつでも相談できるietty超オススメです。同棲前の平日は仕事・土日は彼女と中々予定が合わなかったりしたので、同棲のために引っ越しをした際にはiettyに大変お世話になりました。

スマホ上で部屋を探して、気になる部屋があれば担当者にチャットで連絡すれば内見などの調整がサクサクと進んでいくので普通に探すより圧倒的にスピーディーでした。しかもチャットで接客をするため、その分実店舗を構えるコストを抑えているため、驚異の仲介手数料 50%OFF で物件を紹介してくれます。引っ越しを考えているのであれば、必ずスマホに入れておくべきアプリです。

家を決める際は交渉必須

実は不動産屋との交渉次第で費用を安く抑えることができるのをご存知でしょうか。提示された初期費用をそのまま鵜呑みにしてはいけません。敷金や仲介手数料は交渉することによって割引を得ることができます。

賃貸契約の意思を示すタイミングで、「即決」や「一週間以内に結論を出す」を交渉材料に敷金や仲介手数料の値下げを交渉してみてください。上手くいけばゼロ〜50%OFFまで持ち込むことができます。

余談:ペットと暮らしたいカップル向けの賃貸情報

どちらかがペットを飼っていて新居に連れてくる場合、同棲後にペットを飼いたいと思っている場合には、ペットと暮らすことを前提に作られているペット共生物件がオススメです。ここまでペットのことを考えて作られているのかというぐらい、細かい部分にもこだわって設計されています。ヘーベルROOMSにはペット共生物件があってかなり需要があるそうなので、ペットと暮らすことを検討しているのであれば是非参考にしてみてください。

参考記事:【ペット可物件】ヘーベルROOMSのペット共生物件を徹底解説!【口コミ】

安く引っ越すには

引っ越しも意外とお金かかりますよね。ただし引っ越しの費用は業者によりけりで、最も格安な引っ越し業者は「引越し侍の予約サービス」から探すことができます。登録するだけで(めちゃくちゃ簡単)、一括で最安値の業者が見つかります。最安値の業者が不安という方は、それら業者の口コミをネットで見てみるといいでしょう。僕が一人暮らしの家から引っ越したときには、荷物があまり多くなかったということもありますが、なんと1万円代で引っ越しをすることができました。

↓↓これから価格高騰シーズン…引越侍で最安値を検索!↓↓

同棲の初期費用を抑えた結果

同棲歴2年半の僕とちーこカップルですが、賃貸も引っ越しも上記の手段で安く抑え、家の家具はほとんどIKEAですが、破格の値段でオシャレな空間を作ることができました。物件と引っ越しだけでも安く済ませることができれば、全体費用をかなり浮かすことができます。

同棲の初期費用を抑えることによって、同棲後の生活も楽になりますし、その分を結婚に向けた資金を蓄えることができますよ。そして同棲前だけではなく同棲後も節約を意識して生活しましょう。

参考記事:同棲カップルは貯金どうしてる?貯金をするためのルールと節約方法

どんべい

タイトルとURLをコピーしました