同棲の理想的な間取りは?部屋を分けた方がいい理由

同棲を考えているカップルの多くはどのような物件に住もうか悩んでいるのではないでしょうか。”家賃は安く抑えたいから狭くても我慢する”という考えも理解はできますが、まず先に結論から申し上げると、2LDKが圧倒的にオススメです。”広いし部屋も多いから当たり前じゃん”と思われるかもしれませんが、実際に最もコスパがいいのは間違いありません。

広さだけじゃない、2LDKが住みやすい理由

収納スペースが豊富

2LDKだと部屋が大きいので、二人暮らしだと収納スペースには困りません。収納棚の数やウォークインクローゼットがあるかないかなどは物件によってもちろん差はありますが、どんな物件でも2LDKの間取りであれば収納スペースは基本的に豊富なはずです。

結婚後にも住み続けられる

1Kや1LDKだと、同棲相手と結婚した際に引っ越しの議論が必ず起こります。引っ越しはかなりの費用がかかるので、できれば一回で済ましたいところ。結婚して子どもが産まれたとしても十分な生活空間を確保できるように、事前に広めの物件に住んでおくとコスパがいいです。

部屋が2つあることのメリット

実は部屋が1つではなく2つあることのメリットってめちゃくちゃデカイんですね。それは単純に収納面のことだけではありません。

空間のゆとりは心のゆとり

汚く、モノが溢れた部屋に住んでいると心のゆとりがなくなると言われています。それに部屋の狭さが結果的に汚さや閉塞感に繋がり、些細なケンカの発端にもなり得ます。特に同棲する場合は1人で好き勝手に暮らすのとは異なるので、生活空間は整えることを心掛けましょう。

喧嘩したときに頭を冷やせる

家の中でケンカしたとき、同じ空間にいると二人とも頑固になってしまい仲直りが中々できないという経験をしたことはありませんか?部屋が二つあると逃げ場ができるため、別々の空間に閉じこもってお互いに頭を冷やすということが可能になります。いくら相手の事が好きで二人だけの空間だけで大丈夫だと思っていても、プライベートの空間を設けることはずっと一緒に暮らしていく上では大切です。

風邪をひいたときに寝る場所を分けられる

例えはどちらかがインフルエンザになったとき、2人とも風邪をひいてしまうのは避けたいですよね。部屋が二つあると病人を隔離して生活する事ができるため、風邪が移るリスクを抑えることができます。同棲のために引っ越す際、一人暮らしのときに使っていた布団があれば捨てずに持ってくるといいでしょう。

2LDKに住む実例

僕とちーこの同棲歴はそこそこ長く、上記の理由もあって2LDKの物件に住んでいます。2つの部屋のうち、1つの部屋はクイーンサイズのベッドが置かれている寝室、もう1つの部屋はちーこの部屋になっています。そう、お気づきの通り僕の部屋はありません。。。私物は全てウォークインクローゼットに服とともに収まってしまったので、必要なくなりました。2LDKの場合、寝室以外の部屋をどうするかは二人で相談して決める必要がありますね。

物件探しのおすすめサイト

アプリで賃貸を探せる「ietty」

仕事で忙しくて中々不動産屋に行く時間がないという人は、スマホで物件をチェックし、担当者ですぐにチャットでいつでも相談できるietty超オススメです。同棲前の平日は仕事・土日は彼女と中々予定が合わなかったりしたので、同棲のために引っ越しをした際にはiettyに大変お世話になりました。

スマホ上で部屋を探して、気になる部屋があれば担当者にチャットで連絡すれば内見などの調整がサクサクと進んでいくので普通に探すより圧倒的にスピーディーでした。しかもチャットで接客をするため、その分実店舗を構えるコストを抑えているため、驚異の仲介手数料 50%OFF で物件を紹介してくれます。引っ越しを考えているのであれば、必ずスマホに入れておくべきアプリです。

余談:ペットと暮らしたいカップル向けの賃貸情報

どちらかがペットを飼っていて新居に連れてくる場合、同棲後にペットを飼いたいと思っている場合には、ペットと暮らすことを前提に作られているペット共生物件がオススメです。ここまでペットのことを考えて作られているのかというぐらい、細かい部分にもこだわって設計されています。ヘーベルROOMSにはペット共生物件があってかなり需要があるそうなので、ペットと暮らすことを検討しているのであれば是非参考にしてみてください。

参考記事:【ペット可物件】ヘーベルROOMSのペット共生物件を徹底解説!【口コミ】

安く引っ越す方法

引っ越しはちゃんと色々な業者を見比べないと、想像以上にお金がかかってしまいます。引っ越しの費用は業者によってかなり変動するので、最も格安な引っ越し業者を「引越し侍の予約サービス」で探しましょう。

登録するだけで(めちゃくちゃ簡単)、一括で最安値の業者が見つかります。最安値の業者が不安という方は、それら業者の口コミをネットで見てみるといいでしょう。僕が一人暮らしの家から引っ越したときには、荷物があまり多くなかったということもありますが、なんと1万円代で引っ越しをすることができました。

↓↓これから価格高騰シーズン…引越侍で最安値を検索!↓↓

まとめ

初めての同性であっても今後の生活を考えて、ケチらずに2LDKの物件を選ぶことをオススメします。引っ越しは簡単にできるものではないので、後々後悔しないような意思決定を心掛けましょう。

参考記事:同棲カップルは貯金どうしてる?貯金をするためのルールと節約方法
参考記事:同棲にかかる初期費用を徹底解剖【安く同棲をはじめるには】

どんべい

タイトルとURLをコピーしました