【ハワイ】ハワイのバス、ザ・バスの乗り方を簡単解説!

ザ・バスの乗り方

ホノルルでは旅行会社やカード会社が運営しているトロリーが走っていますが、HISで予約していない方、JCBカードを持っていない方はバスを利用する必要があります。また、ホノルル外に遠出する際は必ず利用する必要があるので、ザ・バスの乗り方を確認しておきましょう。

※JCBカードを持っているだけで無料で乗れるピンクラインは、中心地からアラモアナセンターまでの路線を走り非常に便利なので、ハワイに行く前はとりあえずJCBカードを作ることをオススメします。詳細はこちらの記事をご覧ください。

ワンデーバスの料金設定

基本的にはワンデーパスという一日券を購入してください。一日券はたった$5.5、1回のみの片道切符は$2.75なので、2回乗車するだけで元が取れるという良心的な値段になっています。

  • 大人(18歳以上) 5.5ドル
  • ユース(6〜17歳)2.5ドル
  • 幼児(5歳以下)1人まで無料
  • シニア 2.0ドル

ワンデーパスを購入したい場合、バスに乗る際に運転手に購入したい旨を伝えてください。その場でワンデーパスを購入できます。すでにワンデーパスを持っている場合は、バスに乗る際に運転手に見せるだけで乗車できます。

時刻表や乗り継ぎ確認

Google Maps で目的地を入力して経路検索すると、どのバスにどこから乗ればいいか出てきます。

または、DaBus2 というアプリをダウンロードしておけば、位置情報をもとに近くの停留所及びにそこから出るバスの詳細を確認することができます。


ハワイは右車線!

日本は右ハンドル・左車線を走行しますが、ハワイは真逆です。進行方向に向かって道路の右側のバス停を利用することを覚えておきましょう。

時間通りに来る?

ハワイと言えども海外なので、交通状況によっては時間通りに来ないことも多々あります。来ないなー、と思っても待ってみましょう。GPSがついているバスもあり、それらのバスは DaBus2 のアプリであと何分で停留所に到着するかを確認することができます。

まとめ

オアフ島は狭いので、ホノルルだけの観光だともったいないです。バスを使ってノースショアやカイルアなどへ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

どんべい

タイトルとURLをコピーしました