【ハワイ】ハワイ島のドライブにハーツレンタカーをオススメする理由 予約方法などの詳細を解説!

ハワイでハーツレンタカーを利用する

最近ハワイ島に行ったのですが、ハワイ島は車がないと楽しむことができない場所。観光地が点在しており、ホテルの敷地内でさえも車の移動が基本となるような広大な土地でした。車を借りるにあたって色々なレンタカー業者を吟味した結果、ハーツレンタカーから車を借り、初めて海外でドライブしました!

日本の免許証でOK

そもそもハワイで運転する場合、国際免許証を取得する必要がなく、日本の免許証があれば誰でも運転できちゃいます。海外でレンタカーを予約する際、国際免許証の取得が面倒ですよね。ハワイでは一切のハードルなく、車を借りることができます。

今回はハワイでの利用のため余談ですが、他の指定の国(アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど)でもHDLT「Hertz Drivers License Translation Application Form」という書類を発行してもらうと、国際免許証が不要になるそうです。手続きに関しても免許センターにわざわざ出向く必要もなく、郵送で完了します。書類の発行費用もたった1,000円なので、旅行者の強い味方です。

ハーツGoldプラス・リワーズ

ハーツレンタカーを利用する場合、無料で入会出来る「ハーツGOLDプラス・リワーズ」へ必ず入会しましょう。「GOLD」と書いてあるので有料感が出ているのですが、なんと無料です。以下のような特典を受けることができるので、ハーツレンタカーを利用する際は必須でしょう。

後述にてレンタカーのピックアップについても書いているのですが、ハーツGOLDプラス・リワーズの会員であれば、名前を伝えると直接車に連れて行ってもらい、免許証を提示するだけで出発することができました。限られた時間で楽しむ海外旅行は時間との勝負でもあるため、手続きなどの無駄な時間は極力省くようにしましょう。

ハーツGOLDプラス・リワーズの特典一覧

  • 主要空港営業所でのゴールド・キャノピー・サービスを利用可能
  • 世界4,000カ所の営業所でのゴールドカウンターサービスを利用可能、メンバー専用カウンターで免許証を提示するだけですぐに出発
  • レンタル終了後、登録メールアドレスに利用明細が届く”Eリターン”を利用可能
  • お得な情報が満載のEメールニュースが届く
  • 米国・カナダでは、配偶者の追加ドライバー申請が不要
  • 米国(一部店舗を除く)では、チャイルドシートを割引料金で利用可能

ハーツレンタカーの予約方法

  1. 基本情報の入力
  2. ハーツレンタカーのページにて、借り出し営業所、日時、年齢を記入。ポイントや割引特典がある場合はチェックボックスにチェックを入れて、次へ進む。営業所の確認はこちらからできます。

  3. 車種クラスを選択
  4. 利用する人数や費用感を踏まえて、どの車種を借りるか選びます。個人的には車にあまりお金をかけたくはないので、一般的な乗用車を利用しました。

  5. 追加装備を選択
  6. 子どもと一緒に旅行している場合はチャイルドシートを追加するなど、追加装備を選択します。

  7. 予約内容の確認・完了
  8. 基本情報や選択内容を確認して、クレジットカード情報や到着情報を入力。これで予約完了になります!

必須オプション

海外で運転する際に不安なのが、慣れない土地での運転(しかも左ハンドル!)ですよね。ハワイ島の現地の人によると、よく観光客の日本人が道を逆走していたり、信号無視をしてしまって危ない目にあっているとのことです。安全なドライブを過ごすためにも、「カーナビ」のオプションは絶対付けましょう。

カーナビの精度(システム的にも日本語音声的にも)はどうかなと思っていましたが、全く問題なく、的確な案内で無事故の旅行になりました。個人的にはGoogle Mapsの案内だと複数レーンでの運転などの場合において不安だったので、車線変更や左折をよりスムーズにできるようカーナビをオススメします。

ハーツレンタカーのピックアップ・返却

コナ空港のハーツレンタカー営業所にて車をピックアップしました。到着してターミナルから出ると、目の前にレンタカー業者専用のシャトルバス乗り場があります。ハーツレンタカーのシャトルバスが10分おきに巡回しているので、シャトルバスが来たら手を挙げて止めてください。5分ほど乗るとレンタカーの営業所に連れて行ってくれます。

ピックアップ

レンタカーのピックアップと返却は思っていた以上に簡単でした。海外で利用するため書類のチェックなどで色々と時間がかかるかなと思っていましたが、その逆。ハーツレンタカーの営業所に到着したと同時に職員さんに話しかけられたので名前を伝え、そのまま直接車に連れて行かれ、3分ほど車の装備などについて教えてもらって完了でした。むしろ日本でレンタカーを借りるよりも早く手続きが終わり、こんなラフでいいのか!と思いました。

返却

返却に関しては、ハーツ営業所の住所はカーナビに入っているので、カーナビの指示通りに運転すると返却エリアに戻ってくることができます。返却エリアに駐車すると、職員さんが近づいてきて車の傷の有無の確認やキーの返却を行います。これも3分ほどで終了しました。そしてそのすぐ隣には空港の出発ターミナルまでのシャトルが10分単位で来ます。なんとスムーズなUXでしょうか。

注意事項

ハーツレンタカーの営業所で車を借りていざ出発!と営業所の出口に向かった際、職員からガソリン代の「事前支払い」をしないかと聞かれました。あまりにも唐突かつガソリン代の相場が分からなかったため断ったのですが、基本的には断って正解です。事前支払いの他に返却時にハーツレンタカー側で給油をしてもらうことも可能なのですが、手数料が上乗せされるので高いです。

ガソリンを自分で入れるのに抵抗がない場合は、返却する前に近くのガソリンスタンド(ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ内やコナタウン周辺)に寄って満タンにしてから返却しましょう。

まとめ

初めて訪れる土地で左ハンドルの車を予約・運転するのは勇気がいりますよね。ハーツレンタカーは手続きも非常に簡単で、借り出し〜返却まで一切不満がなく過ごせたので、ハワイ島及びに他国に行く場合にも利用してみてはいかがでしょうか。

どんべい

タイトルとURLをコピーしました