【休日の過ごし方】高尾山ハイキング

都内から行きやすさNo.1の高尾山へ

三連休の初日、当初行く予定だったディズニーランドのチケットが直前で販売中止していることに気づき(連休中は早めに予約しましょう…)、急遽プランを変更して、高尾山にハイキングをしに行くことにしました。

高尾山は都内から1時間半ほどの所要時間で行くことができアクセス抜群。紅葉シーズンということもあり、前日に決めたお出かけプランではあるものの、結論としてかなり満足度高めでした。

着いた後は・・・

高尾山口駅で降りて、人波に流されて歩くと、ケーブルカーとリフト乗り場に辿り着きました。

ハイシーズンであるためどちらの列もかなり並んでいましたが(ケーブルカーは40分、リフトは20分待ち)、待ち時間が短いリフトを選びました。

リフトはかなり開放感もあり、山の斜面をゆっくり上昇していくのでエンタメ要素も抜群。人を定員数までギッシリと詰めるケーブルカーよりもリフトの方が贅沢な体験です。

リフトを降りると、観光名所などを楽しみながら一号路を歩き、気づけばあっという間に山頂に。おそらく一時間もかかっていないぐらいで着きました。

山頂からは富士山も!

正直山を登った手応えが全くなかったので、帰りは4号路で戻りました。山の中の細い道を歩き、途中にある吊り橋にドキドキしながら、行きよりも楽しめました。

リフトに乗る前に日本酒を飲み、ほろ酔い気分で下山。

ランチタイムの下山は行列必至!

帰りに少しだけ「高尾599ミュージアム」に寄り、その後は蕎麦を食す予定でしたが昼時で長蛇の列だったため、分倍河原の「Pizzeria CROCCHIO」へ。

横の席には登山の格好をした方もいたので、意外と分倍河原ぐらいまで戻ってからランチする人も多いのかもしれません。

気になる味は都内のイタリアンにも負けない本格的な美味しさ。気になる方は行ってみてください。

どんべい

タイトルとURLをコピーしました