【ハワイ】ハワイ旅行にはJCBカードは必須!?その理由を簡単解説

無料乗車ができるピンクライン

ホノルルでは旅行会社やカード会社が運営しているトロリーが街中をかなりの頻度で走っています。一定条件を満たしている観光客はこれらトロリーに無料で乗車でき、ホノルル市内の観光であれば是非とも活用することをオススメします。

一つだけ、誰でも無料で乗れるトロリーがあるので紹介します。

JCBが運営するピンクライン

ピンクラインとは、アラモアナショッピングセンターを含むホノルル市内の各スポットを走っている使い勝手がいいトロリーです。通常は一回の乗車で大人$2.00、子ども$2.00かかるのですが、とある条件をクリアすると無料で乗れます。

このトロリーはなんと、JCBカード保有者であれば何度でも無料で乗ることができます!乗車方法は運転手にJCBカードを見せるだけ。JCBカード一枚に対して同乗者は大人1名、子供2名様(11歳以下)乗車することができます。

年会費無料で簡単に作れちゃうので、ハワイ旅行の前にJCBカードを作っておきましょう。ホノルル市内の移動が段違いに楽になります。

ピンクラインのルート


停留所は全部で16箇所、約1時間でTギャラリア〜アラモアナセンターを1周します。ホノルル市内の主要なショッピングセンターや観光スポットを約10分ごとに循環しているので、とても便利です。ピンクトロリーに乗るだけで、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター、Tギャラリア・ハワイ、アラモアナ・ショッピングセンターなどへ簡単に行けます。

ピンクラインの停留所一覧

  1. Tギャラリア ハワイ
  2. モアナ・サーフライダーホテル
  3. デューク・カハナモク像
  4. アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル
  5. ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ホテル
  6. インターナショナル・マーケットプレイス
  7. コートヤード・バイ・マリオット
  8. ワイキキ・ゲートウェイ・ホテル
  9. サラトガ通り(郵便局前)
  10. ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
  11. アクア・パームズ ワイキキ
  12. アラモアナセンター(山側)
  13. アラモアナセンター(海側)
  14. イリカイ・ホテル
  15. サラトガ通り(トランプ・ホテル)
  16. エッグスンシングス

オススメJCBカード

ハワイ用のためにJCBカードを作る場合、年会費無料【Yahoo! JAPANカード】がオススメです。



年会費無料に加えて、Yahoo! JAPANカードを使用するとTポイントがザクザク貯まり、ヤフーの関連サービスのヤフーショッピングやヤフートラベルなどで利用でき、日常生活でのお得感が増すので個人的にはオススメです。

まとめ

正直JCBカードの手厚さには感動するレベルです…クレジットカードはもちろん無料で作れるので、作らない方が損ですよね。僕も普段はVISAカードを使っているのですが、ハワイ旅行のためだけにJCBカードをもっています。

ただピンクラインだけでは行ける場所も限られているので、ローカルの交通手段であるザ・バスも活用して色々なところへ足を伸ばしてみましょう。ザ・バスに関してはこちらの記事に使い方を書いているのでチェックしてください。

どんべい

タイトルとURLをコピーしました