【ハワイ】ハワイでの交通ルールを解説 これで海外ドライブも安心!

ハワイの交通ルール

この前ハワイに行ったとき、初めて海外で車を運転しました。ハワイや他の国で運転したことがある人たちに話を聞くと、みんな口を揃えて、”最低一回は事故りそうになった”、”警察に捕まった”などの話をするので、事故しないように緊張しながら恐る恐る運転。やっぱり日本とは交通ルールが異なる国で運転するのはビビりますよね。。。少しでも予習できるように、ハワイでの重要な交通ルールや経験談をお伝えします!

レンタカーの予約がまだの方はハーツレンタカーについて説明しているこちらの記事をご覧ください。

右側通行

誰もが知っていると思いますが、日本とは違い右側通行になっています。車の交通量が一定数あると、前の車について行けばいいので大した問題ではありませんが、ハワイは交通量が少なく、運転中に前後に車がいないという場合が起こり得ます。そのような時こそ危ないので、常にセンターラインが自分の左側にくることを意識して運転しましょう。

レンタカーに乗っている日本人観光客がたまに逆走してくるというエピソードを現地の人からたまに聞くので、実際に起こりうるミスです。僕自身もそんな初歩的なミスはしないだろうと思っていたものの、ハワイ島で運転中に数回反対車線に曲がろうとしてしまい、直前でハンドルを切った記憶があります。。。

左折・右折

曲がるタイミングで右側通行であることを忘れがちなので、曲がる際は”右に小さく、左に大きく”を頭に叩き込みましょう。

右折に関しては、赤信号の場合でも基本的には可能です。赤信号で一旦停止して安全確認し、左から走ってくる車がいなければそのまま曲がれちゃいます。ただし、「赤信号での右折禁止(NO RIGHT TURN ON RED)」の標識がある場所では、右折はできませんのでご注意を。

左折に関しては、信号機のある交差点で左折をする場合、左折の矢印が直進の信号よりも先に出ます。前にある信号機が青から黄に変わってから左折・・・だなんと思っていたらびっくりするので、覚えておきましょう。

キロじゃなくマイル

アメリカでは全てがマイル表記になっています。日本から来るとキロに慣れているので、ついついキロと勘違いしてしまいます。車内のメーターもマイルなので、キロだとどのぐらいだろうと気になる場合はマイルに1.6をかけてください。

※1マイル=1.61キロ

標識

標識はかなり種類がありますが、感覚的に分かるものが多いので問題ないと思います。ハワイは一方通行が多いので、この標識には気をつけましょう。

パッと見分かりにくいのは、「YIELD」と書いてある標識でしょうか。”相手を優先しましょう”という意味なので、この標識を見たら他の車線の車を確認し、相手を優先させましょう。もし車が来ていない場合は一時停止などせずに徐行すれば問題ありません。合流箇所や1車線しかなく譲り合う道路などに標識が設置されています。

スクールバスは絶対に優先

黄色い車体のスクールバスが前方に停車している場合は、子供が飛び出してくる恐れがあるため、追い越さずに停車して待つ必要があります。対向車線に停車している場合でも一時停止し、スクールバスが発進するのを待ちます。

電子機器はNG

日本でも携帯しながら運転をしていると捕まりますが、ハワイも同様です。運転中はスマホなどの電子機器を使ってはならず、電話をかけたりメールをしているのが見つかると捕まり、罰金を支払うことになります。

その他の注意点

サングラスは必須

ハワイで運転するとき、必ずサングラスを持っていくようにしてください。オアフ島の郊外やハワイ島は開けた土地が多くあり、日中に太陽が正面に位置した場合には眩しくてサングラスなしだと前がちゃんと見えずに運転できません。日本の太陽と比べてかなり眩しく力強いので要注意です。

僕もハワイ島で運転中、急に眩しくなり急いで彼女のサングラスを借りました。普段は海外にいてもあまりサングラスをかけないので耐えようとしていたのですが、太陽の眩しさが耐えられる限度を超えており、”このままじゃ事故る!”と思い慌ててサングラスをかけました。

クラクションは鳴らさない

休暇中のドライブでせかせかと運転する人はあまりいないと思いますが、クラクションの使用は極力控えましょう。おっとりした土地柄なのか、ハワイでは滅多にクラクションを使いません。他人を急かしてもお互いに良い気分にはならず、慣らした方がマナー違反という風潮もあるため、よっぽど必要な場合以外は使用を控えた方がいいです。

万が一警察に捕まった場合

今も昔もアメリカは銃社会です。スピード違反などで捕まった場合は、 勝手に車から飛び出さず、ハンドルに両手を置いたままジッとし、警察官が近づいて来るのを待ちましょう。勝手に飛び出したり、ポケットに手を突っ込んだまま対応すると、向こうも警戒して銃を構える恐れがあります。警察官の指示に従い、ゆっくりとした動作で対応・質問に答えましょう。

まとめ

色々と書きましたが、基本的には右側通行と左折・右折の際の”右に小さく、左に大きく”さえ意識しておけば大丈夫です。特にアメリカ本土ではなくハワイは交通量も比較的少なく、道も広いので気を付けて運転すればすぐに慣れると思います。楽しいドライブしてください!

どんべい

タイトルとURLをコピーしました